暑さも可視化

ここのところ、同じ日本でも東と西ではずいぶん気象環境がちがいます。

私の住む広島県は連日の30度越えsunで暑さとの戦いの毎日。部屋の温度や水分摂取には気を付けながら過ごしておりますhappy01

こんな時役に立つのが温度計shineそれもデジタル式のものがいいですね。

じぶんがいる近くに置いておいて30度(あくまでも私の中ではこの温度)になったらエアコンをつける!

と決めておけば目安になりますgood

人によって感じ方が違いますので、暑さ寒さは洋服の脱ぎ着で調節しましょうnote

 

ただ、お年寄りはそういうわけにはいきません。

今日の事です。

主人の実家へ行きますと、現在は一人暮らしの義母が部屋の窓を閉め切って部屋におりました。中に入ると蒸し暑く、すぐさまエアコンチェックsweat02

見るとなんと暖房26度に設定してあるcrying

義母は液晶の小さな文字が見えないので暖房になっていたのも気が付かず・・・sweat01

そこで、さっそく冷房に切り替えたのですが、本人は全然暑くないからエアコンはいらないと言い張ります。

 

年齢を重ねると暑さを感じにくくなるといいます。

そのためにもflair

温度計を部屋において28度になったら冷房28度設定でエアコンをつけるsign01

寒く感じる時は靴下やひざ掛けを利用するsign01・・などの約束をしておけばいいかなと思いましたconfident

 

自分が年を取った時も、電気代がもったいないとか、暑くないからエアコンはつけないとか、エアコンが嫌いだとかwobblyいうのかしら。

生活様式や時代の変化などにもついていきながらポジティブに年を重ねられたらいいなあcoldsweats01・・・。と、願う今日のお話でした。

 

  • entry6540ツイート
  • Google+

PageTop